このページをプリントする
沿革

沿革

1991年 8月 庄内余目病院開院(324床)
開設者 瀧澤佐武郎
生活保護指定、結核予防指定、原爆医療指定
1992年 1月 院内保育園 開園(病院6階)
2月 救急告示病院指定
11月 労災保険病院指定
1993年 4月 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)設置
1994年 9月 平田町北俣診療所 診療委託開始
1995年 6月 ひまわり保育園 敷地内新築移転
1996年 10月 栗林良正 院長就任
1997年 10月 CAG室(2階)改造、CAG装置入替え
1998年 3月 歯科口腔外科開設
10月 療養型病床群設置(一般病棟281床、療養病棟43床)
1999年 1月 村田恒有 院長就任
2000年 1月 療養型病床群増床(一般病床240床、療養病床84床)
4月 医療法人社団山形愛心会 設立
理事長:瀧澤 佐武郎
医療法人社団山形愛心会 庄内余目病院
院長:村田 恒有
付帯業務 疾病予防運動施設「健康増進センター」開設
2001年 3月 高気圧酸素治療装置設置
2002年 3月 オーダリングシステム導入
4月 野末 睦 院長就任
2003年 2月 病床区分届出(一般病床202床、療養病床122床)
8月 在宅21くしびき(通所介護事業所)開設
10月 臨床研修病院指定
12月 介護老人保健施設ほのか 開設
情報系LAN導入
2004年 9月 日本医療機能評価機構認定 複合病院(一般、療養)
10月 ハワイ大学医学部医学教育部教育提携病院の認定取得
2005年 10月 医療用PHS導入
2006年 1月 院内インフォメーションシステム導入
3月 職員用駐車場増設
9月 CT装置更新(64列CT)
2007年 2月 1、2階増改築工事完成
5月 回復期リハビリテーション病棟開設(4階東病棟40床)
12月 介護療養病棟82床の内37床を医療療養病棟へ転換
2008年 1月 介護療養病棟45床を医療療養病棟へ転換
2月 内視鏡室改修工事
被爆者指定医療機関指定
2009年 2月 標榜診療科変更(23診療科)
5月 CAG装置更新(2階)
9月 日本医療機能評価機構認定更新(審査体制区分3Ver.6.0)
2010年 3月 電子カルテシステム導入
7月 DPC導入
2011年 5月 病院ロゴマーク作成
8月 高気圧酸素治療装置更新
2012年 5月 介護老人保健施設 梅花苑 開設(真室川町)
2013年 4月 デジタルサイネージ導入
2014年 6月 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)更新
8月 寺田 康 院長就任
2015年 5月 日本医療機能評価機構認定更新{審査体制区分一般病院2(主たる機能)、リハビリテーション病院(副機能)、慢性期病院(副機能)3rdG:Ver.1.0}
2016年 5月 庄内インプラントネットワークの会開催
10月 健康友の会 設立25周年記念健康フェスティバル開催
2018年 1月 地域包括ケア病棟開設(3階東病棟45床)
2月 医療法人徳洲会 庄内余目病院 開設
理事長:鈴木 隆夫  院長:寺田 康