このページをプリントする
患者さんの権利

患者さんの権利

患者さんの権利について

    <私たち庄内余目病院職員は、患者さんの権利を次のように考え尊重します>
  1. 人格とプライバシーを尊重される権利
  2. ・患者さんは、人として人格と尊厳を尊重され、プライバシーが守られています
  3. 良質の医療を受ける権利
  4. ・患者さんは、いつでも必要かつ十分な医療を受けることができます
  5. 説明を受ける権利
  6. ・患者さんは、診療内容(診察、検査、診断、治療、看護)、予後、病状経過などについて十分な説明を受けることができます
  7. 自己決定の権利
  8. ・患者さんは、よく説明を受けた上で自分の価値観に合う方法を選ぶこと・拒否すること・他の医師や他の医療機関の意見を聞くことができます
    ・患者さんの意識がなく意思表明ができない場合、病院は法律上の権限を有する代理人に対してインフォームドコンセントを行います
    ・代理人がおらず、かつ緊急的医療行為が必要な場合、病院は患者さんの同意があるものとして対処する場合があります(但し、事前に患者さん自身が医療行為に対する同意を望まないことが明らかな場合を除きます)
    ・未成年あるいは判断能力を欠く患者さんの場合、法律上の権限を有する代理人の同意は必要とされますが、患者さんの能力の可能な限り、意思決定に参加することができます
    ・患者さんの意思に反する医療行為は、特別に法律で認める場合か医の倫理の諸原則に合致する場合は、例外的に行われることがあります
  9. 個人情報保護の権利
  10. 患者さんは、診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られています
  11. 診療情報の提供を受ける権利
  12. 患者さんは、診療情報の開示手続きを取ることにより、個人の診療記録・診療情報の閲覧・コピーの提供を受けることができます
  13. 健康教育を受ける権利
  14. 患者さんを含むすべての人は、個人の健康と保健サービスについてご自身で選択が可能なように健康教育を受ける権利があります
    また、医師は教育活動に積極的に関わる義務があります
  15. 宗教的支援に対する権利
  16. 患者さんは、宗教上の信念・立場を尊重され守られる権利があります

個人情報のお取り扱いについて

個人情報保護方針は、患者さんが安心して医療サービスをご利用いただくための当院における個人情報取扱に関する宣言です。 本方針をお読みになり、内容に同意された上で医療サービスをお受けいただきますようお願いいたします。
個人情報のお取り扱いについて