1. 看護部TOP
  2. 看護部について
  3. 部署紹介
  4. 4階東病棟

4階東病棟(回復期リハビリテーション)

病棟の内容や特色、患者さんの傾向や特徴を教えてください

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患、大腿骨・骨盤・脊椎・膝関節などの骨折、また肺炎など治療時の安静時によって廃用症候群を併発した患者さんへ積極的にリハビリテーションを行ない、在宅復帰・社会復帰を目指しています。
多職種とのカンファレンスを行ない、退院後の生活に見合った日常生活動作を取得し不安なく生活が送れるように支援しています。
また、大腿骨頚部骨折・脳卒中地域連携パスを運用し、他病院で急性期治療を終了された患者さんも受け入れています。

病棟やスタッフの雰囲気を教えてください

20代前半から幅広い年代のスタッフが集まっている病棟です。個々の専門性を最大限に発揮し、患者さん一人一人の退院後の生活を想定した支援を実施しています。
医師を含め多職種との連携も良好です。チームワークと笑顔を絶やさず、患者さん・ご家族に接しています。いつでも声がけを忘れず、いつでも声をかけられやすい様な雰囲気を大切にしています。

就職・見学を希望されている皆さまへ

セラピストによるリハビリテーションと病棟での日常生活動作の実践により、日常生活動作の改善が目に見え、達成感が実感できます。多職種連携・チーム医療の実際が経験できます。
もう一度医療現場で働きたいと迷っている方、是非1度見学にいらしてください。急性期病とはまた違った看護・介護の仕事が体験できます。

4階東病棟スタッフ