1. 看護部TOP
  2. 看護師の声
  3. 新人看護師の奮闘記

新人看護師の奮闘記

  • 大山 佳菜子
  • 田中 舞

様々な病棟を経験し、成長する日々

大山佳菜子 配属部署:2階病棟(循環器内科、脳神経外科、心臓血管外科、形成外科) 入職:2020年 酒田市立酒田看護専門学校 卒業
私は、幼少期に喘息やアトピー性皮膚炎で通院した病院で、いつも笑顔で接してくれた優しい看護師さんに憧れ、看護師になりました。看護学校の在宅実習では、急性期治療後の転院先に悩み、不安を抱える患者様に関わる機会がありました。その経験から、入院から退院後の生活までのトータルな医療を行う当院に魅力を感じ、就職をしました。今年度の新人ローテーション教育では、一般病棟3部署に回復期リハビリ・地域包括ケア・医療療養病棟のいずれか1部署を合わせた計4部署を回ります。私はこれまで内科の一般病棟と地域包括ケア病棟で勤務しました。内科病棟では、患者様に対する多角的なアセスメントや、様々な薬剤を適切に使用するために必要な知識を学びました。疾患への不安を持つ患者様に対して、知識や経験不足から上手く声をかけられず悩んだ事もありました。地域包括ケア病棟では、退院後の生活を見据えた看護や介護指導を実践しながら、患者様が安心できる退院支援の重要性を実感しました。ローテーション教育を通して、入院から退院までの流れや患者様・ご家族への関わり方、各部署の専門性も知る事ができ、貴重な経験になっていると日々感じています。今後は、患者様との関わりの中からその人らしさを見つけ、個別性を考えた看護を実践できるようになる事が目標です。また、豊富な知識や技術を身に付け、専門性の高い看護を提供できるようになりたいです。

患者様一人一人の思いに寄り添う温かい看護師を目指して

田中舞 配属部署:4階西病棟(外科、整形外科、歯科口腔外科) 入職:2020年 昭和大学医学部附属看護専門学校 卒業
入職してから半年が経ちました。幼い頃から夢だった看護師になり、喜びを感じるとともに社会人・専門職としての未熟さを痛感する毎日です。
今は病棟のローテーション研修で、外科病棟に勤務しています。患者様の多くは、消化器疾患や口腔外科の方が多く、私たちは周術期の看護を展開しています。術後は、術後合併症の予防や早期発見のため、根拠に基づいた観察やアセスメントができるように努めています。
入職した当初は、仕事をする上で覚えることが多く、目の前のことをこなすのに精一杯でした。初めて実践する看護技術や処置ばかりで緊張する場面も多くありましたが、先輩方のアドバイスもあり、少しずつですが成長できていると思います。
半年が経ち、できることが増えてきた分、責任も多く感じるようになりましたが、日々できなかったことができるようになる嬉しさ、患者様が笑顔で退院されていく姿をみるたびに看護師としてのやりがいを感じます。
今は目の前のことで頭がいっぱいになることもありますが、どんなに忙しくても患者様一人一人の思いに寄り添えるような温かい看護師になれるように努力していきます。