前回のインタラクティヴセミナーの様子

  1. ホーム
  2. 学生の皆さまへ
  3. 医学生の皆さまへ
  4. 前回のインタラクティヴセミナーの様子

前回のインタラクティヴセミナーの様子

第9回インタラクティヴセミナーについて

庄内余目病院の教育セミナーの一つ、第9回インタラクティヴセミナーを2016年3月21日(月)~24日(木)に開催しました。
今回は医学生3名,看護学生5名,薬学生4名、総勢12名の意欲あふれる学生さんが当院へ集結しました。
セミナーの柱となるチーム医療シミュレーションはハワイ大学形式の教育セミナーを取り入れた全国でも珍しいプログラムです。
医療教育コンサルタントである当院の齋藤中哉医師を中心に看護師、薬剤師及び非常勤医師の民谷健太郎医師が指導にあたり、3職種の学生さんが一緒になってチーム医療を体験。救急外来の症例に対し、問診や申し送り、カンファレンスを行ない、自分達で考えた診療や看護、処方計画などのシミュレーションを行いました。また、それぞれの職種を越えて、臨床見学実習や当直、準夜勤務体験、各コメディカル部門などの体験実習を実施しました。
今回は、宮城大学看護学部看護学科の教員及びハワイ大学マノア校公衆衛生学部の研究員の方が見学に訪れました。
臨場感あるチーム医療を肌で感じ、他校のメンバーとの様々な交流を深めることができた4日間となったようです。

 

 

カリキュラム

 

 

セミナーの感想

セミナーへ参加した学生の方々に感想をお寄せいただきました。

 

医学生

感想を表示する(PDF)

 

看護学生

感想を表示する(PDF)

 

薬学生

感想を表示する(PDF)