このページをプリントする
訪問リハビリ・通所リハビリ

訪問リハビリ・通所リハビリ


訪問リハビリって何をするの?

自分の自宅で楽しく

「退院したけど家で生活するのが不安…。」
「家でどこまで介助をすればいいかわからない…。」
「家に帰ったら動けなくなった…。」
こんな悩みを抱えながら自宅で生活していませんか?
ご自宅では病院とは違いさまざまな障害(敷居・段差・絨毯など)がでてきます。そのため、退院後も自宅で安全に楽しく生活を送れるように継続してリハビリが必要な方もいます。
訪問リハビリとは、そうしたご自宅でのリハビリを必要とされる方、介護保険施設へ通うことが難しい方などを対象に、本人のご自宅にお伺いしてリハビリテーションを行います。
※当院では2名のスタッフ(理学療法士1名・作業療法士1名)が訪問リハビリを行っています。


通所リハビリって何をするの?

みんなで楽しく

通所リハビリとは別名デイケアとも呼ばれ、当院の通所リハビリテーション室に通ってリハビリを受けるサービスです。通所リハビリ(デイケア)は通所介護(デイサービス)と違い、あくまでリハビリ中心です。そのため、医師の指示のもと通所リハビリ計画に基づいて理学療法士・作業療法士などのリハビリテーションを受けるサービスです。

内容としてはご家族の介護負担の軽減・援助のため、在宅での生活動作問題を重視した介護介助の提供(食事・排泄・更衣・整容・入浴)をします。また、ご本人・ご家族への動作・介助方法などの指導や自宅環境調整を行います。
リハビリ以外においても余暇活動の充実を図るために、さまざまなレクリエーション・行事を通し、皆さまで楽しみながら活動性の向上を図ります。
このように通所リハビリを通して生活動作や生活の質(QOL)の維持・向上を図り、ご自宅で安全に楽しみながら生活を送れるように援助します。


通所リハビリの分類

  • 1〜2時間の短時間の通所リハビリ(送迎・食事・レクリエーション:なし)
  • 6〜8時間(朝〜夕方)までの1日利用の通所リハビリ(送迎・食事・レクリエーション:あり)
  • 介護予防通所リハビリテーション:要支援1〜2の方を対象に運動器機能向上を目的として行っています。
※個別リハビリは作業療法士2名が提供しています。