このページをプリントする
DMフットケア外来

DMフットケア外来


DMフットケア外来のご案内

DM(糖尿病)フットケア外来は足のトラブルに悩む糖尿病の方や足の変形でお困りの方、創傷治療後の患者さんを対象とした外来です。 医師、看護師、検査技師など足専門のスタッフが、一人ひとりの足のチェックや治療計画を立て、あらゆる足のトラブルの原因究明と治療・予防に努めています。爪の変形、タコ・魚の目などの相談にも応じます。
患者さんの足に神経障害や感覚異常があるかどうかを診ていきます。具体的には触診や音叉による簡易検査、足底表面温度を測定する「テンプタッチ」での評価、「3DO」装置で足底にかかる荷重バランスを診ます。この結果をもとに医師が総合的に診察をし、治療方針を決定します。併せて必要に応じたオイルマッサージ、爪のケアや足浴など、お手入れ指導をフットケア外来のスタッフが行っていきます。

音叉による検査(左)のほか、歩行時の足の動きをみる3DO検査、テンプタッチでの皮膚温検査で、足の状態を調べます。

マッサージや足浴、爪のケアなど患者さん一人につき30~40分の時間をかけてケアを行います。

基本的な治療の流れ


予約について

診察日 毎週月・木・金曜 9:00~12:00
  • DMフットケア外来は完全予約制です。受付窓口または電話にてご予約を承ります。
    電話でのご予約は ℡:0234-43-3470(地域医療連携室直通)
    予約受付時間 月~金曜13時~17時