このページをプリントする
婦人科

婦人科


診療内容

当院の婦人科では、産科を除く婦人科一般、婦人科健診など、主に外来患者さんの診察、子宮がん、乳がん検診と良性疾患の手術を行っています。
特に子宮頸がんは、近年若年女性の罹患数が増加し、進行度によっては子宮摘出を余儀なくされ、将来の妊娠・出産に影響を与えることから、社会問題になっていました。予防ワクチンが発売され、現在中学生から高校1年生の女子に無料で接種され始めていますが、予防効果は完全ではありません。さらに中高年は接種対象から除外されていますが、検診が不要になるわけではありません。この疾患は初期であれば軽い手術で治癒が可能なので、早期発見が望まれ、検診の重要性がますます高まっています。
乳がんについても、近年患者数は増加中です。乳がんは本来外科で扱う疾患のため、当科での乳がん検診は一次検診までとし、二次検診以降は外科になります。一次検診としては当地では数少ない、触診とマンモグラフィー検診を同時に受診できる施設であり、検診も女性医師、女性技師のみで行うことから好評を博しています。なお、当院の医師、技師、マンモグラフィー撮影装置とも、マンモグラフィー精度中央委員会の認定をとっています。
当科では、周辺市町村の健診に準ずる子宮がん、乳がん検診のほか、子宮頸部細胞診、子宮体部細胞診、婦人科超音波、マンモグラフィー、乳房超音波を組み合わせた当院オリジナルの「レディースドック」を行っています。その他、更年期障害、子宮脱、尿失禁などの治療、経口避妊薬(ピル)の普及、若年者の性教育、子宮頸がん予防ワクチンの接種にも力を入れています。また、女性同士で気軽に健康相談ができる場所としての役割も果たしたいと考えています。院外活動として、庄内保健所で2ヶ月に1回行われている女性の健康相談の講師を引き受けているほか、中学や高校での性教育講座、地域の女性健康講座なども行っています。

医師紹介

医長森﨑 純子

専門分野 婦人科一般
認定資格 日本産科婦人科学会専門医、健診マンモグラフィ読影認定医
得意な治療 小児期より思春期〜成人期〜更年期〜老年期までの女性一生に関する治療。
月経周期に伴う不快な症状を軽減するピルの処方も積極的に行っています。
出張性教育も行います。
子宮癌、乳癌検診にも力を入れています。
ひと言 分娩は取り扱っていませんが、その他女性に関するあらゆるご相談にのっています。お気軽にお問い合わせ下さい。


診療実績

2015年度 婦人科

外来診療日数 179日
外来患者総数 2,136人
初診算定患者数 226人
新患数 162人
紹介患者数 38人
新入院数(内、他科からの転入) 3人(0人)
在院数 29人
平均在院日数 8.3日
乳がん検診(市町村) 400人
子宮がん検診(市町村) 544人
乳がん検診(協会・組合・共済検診) 296人
子宮がん検診(協会・組合・共済検診) 340人
乳がんドック 498人
子宮がんドック 540人
レディースドック 54人

2015年度 婦人科 治療実績

子宮全摘出術 1件
子宮脱手術(前後膣壁形成手術+膣式子宮全摘出術) 1件
中央膣閉鎖術 1件

レディースドックのお問い合わせ

担当 健康管理センター 佐々木・梅木・齋藤
所在地 〒999-7782 山形県東田川郡庄内町松陽1丁目1-1
TEL 0234-43-2424(直通)