1. 看護部TOP
  2. 看護部について
  3. 教育研修

教育研修

充実した教育環境で、個々の目標に向かって
あなたのキャリア形成を支援します。

  • 1.看護職員継続研修
    クリニカルラダーシステムを取り入れ、新人ナースからエキスパートナースへと段階を踏んで臨床看護実践能力を育成します。
    • 1)クリニカルラダーシステムのねらい
      患者中心の看護の質の向上と看護師のエンカレッジ(励ます・勇気づける・承認する)を狙うもので、具体的には
      ① 看護師の臨床実践能力を評価し動機づけと、教育的サポートの基準にする
      ② 看護師の仕事の満足度を高める
      ③ 看護師の個々のキャリア開発に役立てる
      ④ プライマリーナースの育成を目指す(自立したプロのナース)
    • 2)臨床看護師の実践能力の習熟段階
      新人看護師をレベルⅠ、一人前看護師をレベルⅡ、中堅看護師をレベルⅢ、エキスパートナース・看護管理ナースをレベルⅣ、看護管理トップマネジメントをレベルⅤに設定します。
    • 3)クリニカルラダーの評価方法
      評価方法は、研修レポートの評価や、「各レベル毎の4つのカテゴリーからなる評価表」、看護実践能力(情報収集・問題の明確化・計画立案・実践・評価)、管理(リーダーシップ)能力、教育における能力が、到達レベルに達したかどうかを評価していきます。

      クリニカルラダーに基づく継続教育の到達目標及び研修の枠組み
      クリニカルラダーシステム表


  • 2.院内研修
    • ① 皮膚・排泄ケア認定看護師による褥瘡予防に関する研修
    • ② 感染管理認定看護師による感染防止に関する研修
    • ③ 教育研修委員会を中心に各委員会も協力し、タイムリーな内容の研修を数多く実施(医療安全・倫理・最新治療など)
  • 3.院外研修
    県内外で開催される学会・研修会に参加する場合、参加費・交通費等の支援が受けられます。
  • 4.新人看護師研修
    • 1)新人看護師を支える体制
      新人看護職員である「プリセプティー」に、指導者である先輩ナースの「プリセプター」、 ベテランナースである「エルダー」を配置し、現場での仕事を通して「実践的な」教育支援を行います。 新人看護師を支える体制
    • 2)新人看護師ローテーション教育

      急性期病棟(3病棟)で1年毎勤務し、その後は通常の配置換えを行います。

      急性期病棟のローテーションにより、基礎看護技術を修得し臨床実践能力を高めることができます。また、急性期病棟の特徴や特殊性を学ぶことができます。2年目に医療療養・回復期リハビリ病棟、透析センター、手術室、外来の体験実習もあり、自分の学びたい分野を見つけることができます。
    • 3)新人看護職員教育プログラム
      4~5月 ・新入職員合同オリエンテーション
      ・看護技術演習
       ①採血・血管確保・与薬・滅菌物の取扱
       ②吸引・酸素吸入・ネブライザー・胃チューブ挿入
       ③導尿・尿道留置カテーテル挿入・浣腸・輸血
      ・新入職員基礎研修「トランスファー技術」(講義・実技)
      ・社会人基礎力講座
      ・看護協会主催 新人研修Ⅰ
      6月 ・新入職員合同リフレッシュ研修(一泊二日)
      ・新入職員基礎研修「輸液・シリンジポンプの安全使用」
      7月 ・3ヶ月フォローアップ研修
      ・新入職員基礎研修「管理の必要な薬剤について」
      8月 ・新入職員合同基礎研修「血液型と血液製剤の適正使用」
      ・看護協会主催 新人研修Ⅱ
      9月 ・6ヶ月フォローアップ研修
      ・新入職員合同基礎研修「検査の基礎知識」
      10月 ・新入職員合同フォローアップ研修
      ・新入職員合同基礎研修「人口呼吸器の安全使用」
      ・看護協会主催 新人研修Ⅲ
      11~12月 ・新入職員合同基礎研修「放射線検査の基礎知識」
      1~2月 ・新入職員合同基礎研修
       「事例のまとめ方・効果的なプレゼンの方法」
  • 5.看護学生セミナー、ふれあい看護体験、職場体験