1. 看護部TOP
  2. 看護師の声
  3. 入職後1年の振り返り

入職後1年の振り返り

看護師という職業の責任の重さを感じた

長坂みさき 配属部署:5階東病棟(内科)

入職してから1年を振り返って思うこと

看護師になり1年が経ちました。入職したての頃は、看護師としてチームの一員として働けている今の自分を想像できませんでした。先輩の後ろをついて回っていたラウンドも一人でこなすことができるようになり、様々な場面で出来る事が増えました。しかし、出来る事が増えたことで、看護師という職業の責任の重さも感じられました。自分の受け持ち患者が急変した時、「もっともっと看ていれば・・・」と悔しい気持ちにもなりました。しかし先輩方のフォローはとても暖かく、悔しい思いをした私とは裏腹に私の成長を褒めていただきました。その時私は、ただなんとなく1年間看護師をやってきたわけではないと、ほんの少しだけ自信がつきました。看護師という仕事はとても責任の重い職業であり、看護師の判断・行動一つで患者の命を救ったり、落としてしまうことがあると痛感できた1年でありました。そして、1年が経った今、2年目に向けて看護師はどうあるべきか、自分はどのような看護を提供していきたいのか、自分の看護を見つめ直すことができました。

今後の目標

今後は患者の状態をコメディカルに発信し、情報共有しながら、患者にとってどの選択が一番良いのか検討し、援助出来るようになりたいと思います。そのためには患者の状態把握、治療内容の理解、今後の医師の治療方針の理解が大切で、分からないことの追求、解決を怠らないでいきたいと思います。

日常業務をこなすことで徐々に自信に

児玉 美沙紀 配属部署:5階東病棟(内科)

入職してから1年を振り返って思うこと

看護師になって1年が経ちました。看護師として働いて、学生時代には経験できなかったことや責任の重大さを学ぶことができました。入職した当初は、プリセプターの方をはじめ病棟の先輩方から手取り足とり業務を教えてもらってばかりいる状態でした。自分でアセスメントする力もあまりなく、本当に看護師としてやっていけるのだろうかと思う日々でした。
しかし、日々様々な重症度の患者さんを受け持つようになり、日常業務をこなしていくうちに徐々にではありますが、自信がついてきたと思います。
1年間で辛く苦しいことも数えきれないほど経験しましたが、それも今ではよい学びとなっています。看護師を目指して本当に良かったと思います。

今後の目標

私の勤めている病院では、プライマリー制を導入しています。患者さんが入院してから退院までをしっかりとサポートできるように、さらにアセスメント力を磨き退院後を見据えた看護を提供できるようにしたいです。

看護師は患者さんの一番近くにいる存在

加藤真貴 配属部署:4階西病棟(外科・整形外科・歯科口腔外科)

入職してから1年を振り返って思うこと

入職して1年が経ち、たくさんの患者さん・そのご家族様と関わらせていただいたと感じます。あっという間でしたが充実した毎日でした。看護学生時代に、看護師は患者の一番近くにいる存在であるということを教わりましたが、患者さんと関わっていく中で、実感することができました。身近な存在の看護師でしかできないこととはなんなのか、この患者さんにとって必要なことはなんなのか、考えながらこの先も患者さんと関わっていきたいと改めて思います。まだまだ未熟な私に対して、先輩だけでなく、患者さんにも支えられたおかげで、ここまでやってくることができたと思います。人との出会いを大切にして、患者に寄り添って看護を提供していけるように努力していきたいと思います。

今後の目標

患者さんとの関わりを通して、疾患・病態・看護に対する知識を深めていきたいです。また、今までは自分の業務で精一杯というような状態だったのですが、もっと周りをみて今自分がしなくてはいけないことを考え、行動できるようにしていきたいです。